トップページ > ニュース > 閑散期の空室対策

閑散期の空室対策


img_07

これからは賃貸の閑散期に入ってきます。

 

閑散期は部屋を探す人が極端に少なくなります。

 

 

空室対策は

物件の価値を上げる・家賃を下げる・キャンペーンなどをやって募集を強化する

というのが中心です。

 

家賃を下げるというのは簡単ですが、

収益も下がってしまいますし、物件の価値自体も下げてしまいかねません。

 

家賃が相場よりあきらかに高くなってしまっている場合は別ですが

 

まずは『〇か月フリーレント』や『〇か月家賃半額』などの対策をした方が

 

一時だけの収入減で処理できますのでいいかと思います。

 

空室対策は

まずは費用のかからない方法からやっていくのが基本です。

 

 

閑散期に物件を探す方は繁忙期と違って

 

時間の縛りが無く急いでいない方が多いです。

 

繁忙期ほど物件探しを妥協してくれなくなります。

 

 

閑散期の募集方法は

基本である入居者の事を考えた魅力のある物件作りが大事だと思います。

 

 

富士企画には為になる知識がたくさんあります。

 

ご相談いただければきっと力になれると思いますよ(^^)/

https://www.fuji-kanri.net/p5/

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階
富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6781
mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 http://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 https://www.fuji-kanri.net/

 

 

 

 

ページのTOPへ

Translate »