トップページ > ニュース > 自分の物件の強みを知る

自分の物件の強みを知る


70971df0290e57c63e5d915e3d58d0a9_w

賃貸業者が実際に物件を内見にいくときは

 

だいたい2~3件、多くても4~5件なので

 

まずは自分の物件がその中に入らないといけません。

 

その為には周りにどんな競合物件があって、

 

競合物件に比べて自分の物件はどうなのか、

 

どうやって差別化を図っていけばいいのかを

 

把握するのは非常に大事です。

 

 

賃料が安い・駅が近い・初期費用が安い・広告料が相場より多い等

 

ひとつでも競合に負けない強みがあれば

 

それがそのまま案内や申込につながります。

 

その強みをまずは探して、

 

募集をする時はその強みを全面に押し出してください。

 

ただ、内見は入るけど中々決まらないという物件は

 

他の物件のまわし物件として案内されている可能性があるので

 

注意が必要です。

 

例えば

 

A・・・決めたい物件・良い物件(決め物)

 

B・・・そこそこの物件(もしかしたらこちらできまるかも)

 

C・・・賃料などは同じだがA・Bに比べて劣っている物件(まわし物件)

 

とあった場合、営業マンは基本的に

 

B⇒C⇒AやC⇒B⇒Aといったような順番で案内にいきます。

 

最後に本当に決めたい物件をよりよく見せるために

 

わざと気にいらないような物件を先に見せていたりします。

 

案内は入るけど全然入居が決まらないという場合は

 

まわし物件として使われているだけという可能性もあるので

 

注意しながら管理会社や近隣の業者に決まらない理由を

 

しっかり聞くようにした方がいいです。

 

 

決まる物件には決まる理由、決まらない物件には決まらない理由があるものです。

 

お悩みがありましたらいつでもご相談下さい!

 

賃貸_問い合わせリンク

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階
富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6783
mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 http://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 https://www.fuji-kanri.net/

ページのTOPへ

Translate »