トップページ > ニュース > 家賃交渉が入ったら

家賃交渉が入ったら


img_09

賃貸経営をしていると

 

入居者から家賃交渉が入る事はしばしばあります。

 

タイミングは入居申し込みの時と更新の時が多いです。

 

ただ、売却を考えた時に家賃はできる限り下げないで入居をつける方がいいです。

 

仮に10%で売却をする時に家賃を1,000円下げると

 

売買では10%を維持するのに120,000円下げる必要があります。

 

実際に空室期間が長くなると空いているよりかは

 

家賃を安くして埋めたいという気持ちになったりしますが

 

まずは家賃を下げるよりかは

 

礼金を下げたりフリーレントをつけたりなど

 

初期費用を抑えるのを考えてみて下さい。

 

リフォームなどをして家賃の下落を防いで物件の価値を保つ

 

のも良いと思います。

 

最初は売却する事まで考えられないかもしれませんが

 

急に売却が必要になったり、売却したくなった時に

 

少しでも高額で売却できるような方法を考えてください。

 

これは家賃を下げるのは悪いという事では無くて

 

なにも考えずに下げるのは避けてくださいという事です。

 

相場より高い家賃は決まりにくいという事実はあるので

 

戦略的に家賃を下げるのは良いと思います。

 

富士企画にはたくさんのノウハウがございますので

 

お悩みや相談したい事がございましたら

 

是非、お気軽にお問い合わせください。

 

きっと良いお話しが出来ると思いますよ~(^^)

 

賃貸_問い合わせリンク

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階
富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6783
mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 http://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 https://www.fuji-kanri.net/

 

ページのTOPへ

Translate »