トップページ > ニュース > 空室時の電気

空室時の電気


bsPAK88_yorunogaitou20141115175751

みなさんは空室期間中の室内電球や電気の契約はどうしていますか。

 

実際に物件を案内する業者・入居者からすると

 

室内の電気は常につくようにした方がいいです。

 

土日などは日中に案内に行くことも多いのですが

 

平日は仕事帰りや学校帰りの夜に案内行くことも多いからです。

 

夜に物件の案内に行って電気がつかないと

 

物件の良さが100%伝わらなかったり

 

その日に即決しないでまた明るい時に見に来ますというように

 

入居決定率が下がってしまう可能性があります。

 

また、居室の電気を設置していない物件も多いので

 

仮の案内用でもいいのでつけていた方がいいです。

 

案内用の照明をつける場合は図面にその旨を書いたり

 

客付け会社にその旨をちゃんと伝えるようにしてください。

 

(過去に照明を設備だと思って入居した方から

 

入居後に照明がないと連絡がありトラブルになりかけた事がありました)

 

あまり古臭かったり部屋の雰囲気と会わないと逆効果ですが

 

照明は雰囲気のいいものを置くとかなり部屋のイメージが良くなり

 

費用対効果は高いと思いますので

 

設置していない場合は検討してみて下さい。

 

富士企画では管理や入居付けに関して

 

お悩みをお持ちのオーナー様からのご相談を承っております。

 

平日の早朝から夜遅くまで、

 

土日祝日でもいつでも受付けております。

 

下記よりお気軽にお問い合わせください。

賃貸_問い合わせリンク

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階
富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6783
mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 http://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 https://www.fuji-kanri.net/

 

 

 

 

 

ページのTOPへ

Translate »