トップページ > ニュース > 空室期間の対処

空室期間の対処


PAK86_machinamiwomiorosu1145500-thumb-750x500-3819

 

東京は今日の最高気温が20度をこえたみたいです。

暖かくなってくることは嬉しいですが、

気を付けないといけない事もでてきます。

 

そのひとつが部屋の臭いです。

 

洗面台などには臭気トラップという水をためて、

排水の臭いが逆流しないための工夫が施されているのですが

暑さで水が蒸発してしまうと排水溝の臭いが上がってきてしまい

密室の部屋に排水溝の臭いが充満してしまい最悪です。

 

そうすると部屋がいくら良くてもマイナスになってしまいます。

 

どうしても空室ですと部屋を閉めっきりにしている時間が長くなってくると思いますが

定期的に換気をしたり、遠方の場合は業者に物件案内行った際に

水をためてもらったりと気を付けた方がいいと思います。

 

芳香剤を置くのも手ですが、

長い期間置いておいて空っぽになってしまっていると逆に印象が悪くなります。

 

長く空いてる物件 = 悪い物件と思われてしまう可能性もあります。

 

富士企画では、こういった細かく具体的なアドバイスもできると思います。

近くを通ったからお茶だけ飲みに来たでも全然かまいません

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい(^^)

 

〒160-0004
新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6階
富士企画株式会社
TEL:03-6380-6780  FAX:03-6380-6781
mail:info@fuji-plan.net

『不動産投資専門サイト』 http://www.fuji-plan.net/
『収益不動産売却サイト』 http://www.fuji-baikyaku.net/
『投資物件賃貸管理サイト』 https://www.fuji-kanri.net/

ページのTOPへ

Translate »